「性情報リテラシー教育」出張授業のご案内

性情報リテラシー教育協会では、メディアの性情報やジェンダー、SNSトラブルについて授業ができる認定講師陣を、全国に輩出しています。出張授業を希望される学校や教育機関の方は、各講師に直接お問い合わせください。

~ 性情報リテラシー教育 出張授業担当者 ~

<北海道地区>

性情報リテラシー教育協会 認定講師

開業助産師/性教育講師 高村泰子さん

▶活動サイト・お問い合わせ

【授業内容】
テーマ①小学校5・6年生向け 『スマホを持つ?持たない?』
<問題意識>
中学生になる段階でスマートフォンを持つ児童が増え、トラブルに巻き込まれるリスクが高まる。
<本授業のねらい>
スマーとフォンを所持する前に、スマートフォンを持つことで得られる利点と欠点、持たないことで得られる利点と欠点を話し合い、自分はどう選択するのかを考える機会とする。また、SNSのトラブルについて知り、安全に使用するための動機づけとする。


テーマ②小学校5・6年生向け 『SNSってなに?』
<問題意識>
SNSのトラブルに巻き込まれる子どもが増えている。子どもがネット環境を持ったために個人情報が流出し、性犯罪の被害者になってしまうリスクが高まっている。
<本授業のねらい>
SNSで個人的な情報が漏れない、気軽に写真を交換しない、ネット上だけのやり取りで相手を100%信用してはいけない、ことを意識する機会とする。


テーマ③小学校5・6年生向け 『SNS・出会い・ゲーム』
<問題意識>
中学生になる段階でスマートフォンを持つ児童が増え、新しいつながりや出会いを求めたことにより、騙されトラブルに巻き込まれるリスクが高まる。さらに、脳前頭葉の未熟性から考える力が乏しく、正しい判断ができない可能性がある。また人間関係を築くことへの経験不足から、人間性をを見抜く力が乏しい。つまり人間関係のトラブルに巻き込まれやすい。

<本授業のねらい>
身近で起こりえる事例をもとに、SNSだけでつながっている人は「知らない人である」という認識を持ち、個人情報を気軽にやり取りすべきではないことを理解する。



<東海地区>

性情報リテラシー教育協会 認定講師

「性とメディア」を学べる、心地よいダイアログ引率者 佐藤己実さん

▶活動サイト・お問い合わせ

 

【授業内容】
テーマ①小学5年生以上向け 『メディアと性情報1 知っているメディア』

 

<問題意識>
子ども期にメディアの影響を学習する機会が少ない。
<本授業のねらい>
子ども期にメディアにクリティカルに向き合う興味関心を持つ。


テーマ②小学5年生以上向け 『メディアと性情報2 困ったときのネット検索』
<問題意識>
誰かに話したいとき、聞いてもらいたいとき、 ハグをしてもらいたいとき、どうすればいい?
ネットで役立つ情報を入手する体験が少ない。
<本授業のねらい>
ネットを通じた犯罪の危険を知る。
ネットで相談できる安全安心な窓口をさがす。


テーマ③小学5年生以上向け 『メディアと性情報3 注意深く視聴しましょう』
<問題意識>
メディアが流している情報を注意深く視聴する学習機会が少ない。
<本授業のねらい>
注意深く視聴して、メディアが性情報をどのように描いているか分析しよう。



<九州地区>

性情報リテラシー教育協会 認定講師

 

おしゃべり助産師ユッピーさん

▶活動サイト・お問い合わせ

 

【授業内容】

テーマ①中学2年生向け 『皆さんが接しているメディアを考えよう』
<問題意識>
学生たちが、メディアに対する姿勢を考える機会が少ない。正しい情報をチョイスできるようになってほしい。
<本授業のねらい>
ネットなどのメディアの問題を伝える。

 

 

テーマ②中学2年生向け 『自分らしく、ジェンダーって何?』

<問題意識>
学生が接しているメディアが、「自分らしさ」や「男女」をどうとらえているかを知ってもらう。
自分は何に影響を受けたのか?
<本授業のねらい>
自分らしくあるためにどうしたらいいか。

学生たちに、「自分らしく」という事を気づいてもらうための機会にしたい。

 

 

テーマ③中学2年生向け 『交際する上で大切なこと』

<問題意識>
自分たちが考える恋愛・交際には、それぞれ違う考えがあることに気付いていない学生も多いのではないか。

恋愛・交際という事をしっかり考えてほしい。

<本授業のねらい>
恋愛・交際において自分たちで話し合い、ルールを決める体験をしてほしい。